日本の英語教育は「安心」ですか? - Sound English for Kids

子供の英語教育

日本の英語教育は「安心」ですか?

投稿日:2019年2月5日 更新日:

こんにちは。
SEkidsナビゲーションの佐野雅代です。

 

自分の子供たちと
もっとおうち英語を楽しみたい!

過去の自分のように、
おうち英語をあまり楽しめていない
ママさんがいるとしたら、

ぜひ、その方の力になりたい!

元々は、そんな気持ちで始めた
ふれあいおうち英語講師という仕事でしたが、

最近は、

子供たちの未来のためにも
おうち英語の大切さを伝えなきゃ!

といった、使命感のようなものを
感じていたりします。

というのも、今の子供たちを取り巻く
英語教育の実情を知れば知るほど
危機感を感じずにはいられないからです。

 

この仕事をしていると、

英語講師や、言語学者の先生、
幼児教育や教育学の専門家など
色々な方とお話しする機会があります。

2020年から、公立小学校での
英語教科化が始まるけれど、
その授業の質がヤバイらしい。

教育の二極化が、もう
小学校の時点で起こっているらしい。

私立学校へ通わせれば
みんな幸せなのかというと
必ずしもそうではないらしい。

プリスクールの落とし穴
英検の低年齢化の落とし穴
くもん式の落とし穴

などなど…

話を聞けば聞くほど、
これはヤバイな、と。

ママが何もしなかったら、
あるいは、何も知らずにやっていたら

子供が大きくなった時に
後悔することになるかもしれない。

だから、ママさんたちに
ぜひ伝えなきゃと思いますし、

自分も含め、ママが子供のために
何ができるかを真剣に考えないと
いけないなと思っています。

 

そこで、今回、

「サウンド」の力で
日本の英語難民たちを救い続けている
ボイスコーチHiroyoさんと、
対談をさせていただきましたので

ぜひご覧になってみてください。↓

 

ふれあいおうち英語・スペシャル対談第1話
「今、子供の英語教育がヤバい!?」

対談をお聞きになって、
思うところなどがありましたら、
ぜひコメントをお寄せくださいね。

 

 

SEkidsにご興味のある方は、
こちらから秘密を体験してみてください。↓

子供たちの未来を救う魔法のメソッド・秘密体験








-子供の英語教育

Copyright© Sound English for Kids , 2022 AllRights Reserved.